移民反対派に真の愛国者はいない

坂中提案

移民反対派の人たちは未曾有の人口崩壊の恐ろしさを正視しない。日本人が消えてゆく民族的危機について見て見ぬふりをしている。人口危機を乗り越えるための政策を考えることもない。移民絶対反対を唱えるだけである。移民が入ってくると日本文化の純潔が汚されるという時代遅れの考えの持ち主が多いのではないか。

移民反対派の中に、人口崩壊の危機の深まりとともに経済、社会、文化が衰退していく祖国の未来を憂い、移民政策に代わる解決策を提示した人がいるのかは寡聞にして知らない。坂中移民国家創成論に対する的を射た批判も見当たらない。彼らの中に真の愛国者はいないようだ。

最近の日本の世論は健全な方向に向かっている。「結婚しろ」「子供を産め」「外国人お断り」と公言することが禁句になった。これは反移民陣営の痛手になるだろう。

出生率の向上を声高に叫ぶことが許されなくなった。「移民お断り」「移民追放」の演説をぶつことができなくなった。移民賛成派に有利な状況が生まれた。

« »