移民反対派に欠けているもの

坂中提案

移民反対派の人たちに欠けているのは未曾有の人口危機の恐ろしさを正視しないこと、それを乗り越えるための説得力ある政策を打ち出していないことである。

反移民陣営に属する人たちの書いたものを読むと、評論家的、野党的で、無責任の塊りであった、かつての「進歩的文化人」を思い出す。戦後の40年ほど、ソ連、中国、北朝鮮を絶賛し、日本の体制批判を展開した学者、文化人のグループである。

1970年代後半、私が提案した在日韓国・朝鮮人論は、当時まだ知的世界で強い勢力を誇っていた進歩的文化人から袋叩きにあった。歴史は繰り返すということなのだろう。

昭和の進歩的文化人は共産主義シンパで反日の学者、知識人だった。平成の進歩的文化人は、どちらかといえば右よりの人が多いようだ。しかし、祖国の運命に無関心という点では共通する。批判するばかりで対案を出さない無責任体質も瓜二つだ。どちらも真の愛国者ではない。

移民反対派の人たちの中に、人口崩壊の危機の深まりとともに経済、社会、文化が衰退していく日本の未来を憂い、移民政策に代わる具体的な解決策を提示した人がいるのかは寡聞にして知らない。移民拒否を大声で叫ぶ人たちの集まりにすぎないのではないか。

最近の国民世論は健全な方向に向かっている。「結婚しろ」「子供を産め」「外国人お断り」と公言することが許されなくなった。これは反移民派にとって痛手になるだろう。「移民お断り」の演説をぶつことがむずかしくなった。保守穏健派や良識派の国民の支持を得ることができなくなった。

« »