移民先進国は移民後発国日本の反面教師

坂中提案

 欧米先進国の移民政策の歴史を概観すると、道理にかなったものばかりというわけではなかったことがわかる。むしろ移民後発国の日本にとって反面教師に映る歴史のほうが多かったように思う。

 米国は建国当初、大量のアフリカ人を奴隷として英国商人から買った国である。今は、1000万人を超える不法入国者が過酷な労働条件のもとで農業労働者などとして働いている。

 ヨーロッパの主要国においては、根深い民族的偏見と宗教問題があって、国民と移民との社会統合があまり進んでいないようである。

 ドイツは数百万人のトルコ人を外国人労働者で受け入れたが、ドイツ人とトルコ人の結婚の比率は1%以下と異常に低い。多数派のドイツ人が小数派のトルコ人を襲撃する事件が後を絶たない。ドイツはマイノリティとマジョリティの多民族共生社会からほど遠い状況にあるようだ。

 フランス人とアフリカ人の婚姻率は20%を超えると聞いている。フランス人の民族差別はそれほどひどくないから、フランスは多民族共生社会への希望が持てる国だと思う。しかし、キリスト教とイスラム教の宗教対立の克服という難問が残っている。

 16世紀のスペインとポルトガルのキリスト教徒たちは、両国が植民地支配した南米大陸で原住民の大量虐殺を行った。

 近世から20世紀半ばに至るまで、ヨーロッパ人が宗教、人種、風俗の異なる民族をときには人間以下のものとして、少なくとも自分たちより劣等の民族として扱ったことは、世界人権史の汚点として刻まれている。

 比較宗教学の視点から見ると、日本人は仏教やキリスト教など異国の神々を進んで受け入れた寛容な民族である。多神教で心が広い日本人は、欧米諸国の過ちの歴史に学び、世界のどの民族も成し得なかった「多民族共生社会」を実現するだろう。

« »