移民先進国の轍を踏まない

坂中提案

移民先進国の外国人処遇の歴史を概観すると、決して道理にかなったものばかりだったというわけではない。移民後発国の日本は移民先発国の轍を踏んではならないとの観点から、日本独自の移民国家構想を打ち立てた。

米国は建国当初、大量のアフリカ人奴隷を英国商人から買った国である。現在は、1000万人の不法入国者が過酷な労働条件のもとで農業労働者などとして働いている。

ヨーロッパの移民先進国は、根深い人種偏見と宗教問題があって、国民と移民との社会統合に成功していないようだ。

ドイツは数百万人のトルコ人を外国人労働者で受け入れたが、ドイツ人とトルコ人の結婚の比率は1%以下と異常に低い。かつては多数派のドイツ人が小数派のトルコ人を襲撃する事件が相次いだ。

フランス人とアフリカ人の婚姻率は20%を超えると聞いている。博愛主義の伝統があるフランス人の民族差別はそれほどでもないから、フランスは多民族共生社会への希望が持てる国である。ただし、そのためにはキリスト教とイスラム教の宗教対立の克服という難問が残っている。

近世から20世紀半ばに至るまで、ヨーロッパ人が宗教、人種、風俗の異なる民族を人間以下の存在として、少なくとも自分たちよりも劣等の民族として扱ったことは、世界人権史の汚点として刻まれている。

それに対して日本は、神道、仏教、キリスト教など多様な宗教が仲良く共存している。それにくわえて、日本人は文明化した現代世界では極めてユニークな宗教心――地球上に存在するあらゆる物と心を通わせる万物平等思想をいだいている。これは仮説の域を出ないが、多神教で広い心がある日本人は、世界のどの民族も成し得なかった人類共同体社会を創る資格がある唯一の民族ではないか。

移民1000万人構想は、50年の時間をかけて、現在のイギリス、フランス、ドイツ並みの「十人に一人が移民」の国へ移行するものだ。日本文明の底力と日本社会の成熟度の高さからすれば、それは十分達成可能な目標である。そればかりか、地球上に存在する人種・民族に甲乙はないと考える日本人は欧米諸国の上をゆく移民国家を築くのも夢ではないと考える。

« »