移民元年へ!

坂中提案

日本の歴史を振り返ると、日本人は外国の文化・宗教・言語を広い心で受けて自分のものにしてきた。八百万の神がみを信仰する日本人は礼を尽くして移民を迎え入れるであろう。世界のどの民族もいまだ成し遂げていない「人類共同体」を創成するのも夢ではない。

移民先進国が移民を受け入れる余力を失いつつあるなか、世界の人びとはこぞって日本の移民開国を歓迎する。「移民に冷たい国」から「移民に温かい国」へと、世界の日本イメ―ジは一変し、新しい日本像の形成が視野に入る。

2020年の東京オリンピックの開催前に政府が「移民国家宣言」を世界に向けて発信すれば、オリンピック見物で訪れる2000万人の外国人観光客のなかから移民希望者が続出し、東京が世界都市と世界から認められるなど、その効果は抜群だろう。

こんなビッグチャンスは二度と巡ってこない。2020年を「移民元年」とし、首相が歴史的決断を下し、東京オリンピックの大舞台で「移民国家ニッポン」の華麗な姿を披露すれば、世界各国の人びとは拍手喝采で迎えるにちがいない。

« »