移民を渇望する地方の声を政治家にぶつけてもらいたい

坂中提案

安倍晋三首相は実力者の石破茂氏を地方創生担当大臣に起用し、2060年の1億人の人口目標を達成するため地方の人口減少対策に力を入れる方針を打ち出した。

人口目標を立てるのは結構なことだが、その成否は人口減少対策の切り札である移民開国を政府が決断できるかどうかにかかっている。一国の人口は「出生者」と「死亡者」と「移民」の三要素で決まるので、移民政策を欠く人口減少対策は絵に描いた餅に終わると明言しておく。

安倍首相が「移民受け入れの国民的議論」を呼びかけた国会答弁(2月13日)を受けて、12月の衆議院解散・総選挙において人口激減による社会崩壊の危機が深まる地方から「移民の受け入れ」を政治家に直訴してほしい。移民を渇望する地方の生の声を政治家にぶつけてもらいたい。

私は一般に広まっているイメージとは逆に、地方の人は移民を望んでいると考えている。移民を懐に温かく迎える心があると確信している。

田舎の人は移民を好まないにちがいないと政治家が思っているとすれば、それは思い違いも甚だしい。人がいてこその社会と経済である。隣近所が空き家になって人気がなくなった農山村に住む人たちの孤独感にさいなまれた心情を思いやればすぐわかるはずだ。

地方の人たちは、人がいなくなってさびれる一方のコミュニティの再生を望み、のどから手が出るほど移民にきてほしいと願っているのだ。

政府が移民の門戸を開けば、地方の人々は待ちに待ったフレッシュマンを歓迎する。海外から働き盛りの人材が供給されれば、産業基盤はしっかりしているから地方経済は生産が増えて活気づく。

海外から新天地を求めてやってきた助っ人が加われば、地域社会は新しい住民のパワーをもらって創生の道が開けるだろう。

« »