移民は人口崩壊時代を生きる若者の同士

坂中提案

未来への展望が開けない日本の若者を奮い立たせるような国家目標はあるのか。人口ピラミッドが逆三角形に向かう時代にぴったりの目標がある。世界のモデルとなる移民国家日本の建設だ。

日本の未来を担う若者が移民と手を携えて人類未踏の「多民族共生国家」の創建に挑戦するのだ。

私は法務省を退職した2005年以降、日本と世界の若者をひきつける国家ビジョンを示したいとの思いから、日本独自の移民国家構想を練ってきた。ここに打ち立てた日本の未来構想が、教育重視の移民政策に基づき50年間で移民1000万人を受け入れるものだ。

この構想が実現すると、若年層が中心の1000万人の移民が社会保障制度に加入し、税金、社会保険料などを負担してくれるから、若い世代の経済的負担は相当軽減されるはずだ。それだけでない。人口激減で消滅の危機にある町や村の再生への道が開ける。

人口ピラミッドがひっくり返る時代を生きる20代・30代にとって移民は同士だ。移民と力を合わせて人口崩壊時代を乗り切ってほしい。

« »