移民はお断りの日本は「みにくい衰退の道」を歩む

坂中提案

 人口崩壊時代の日本の国のあり方として、理念上は、移民に頼らないという選択肢も考えられる。「小さいながらも美しい日本への道」である。1990年代後半の入管時代、私はそのような「滅びの美学」にひかれるところがあった。

 人口の自然減をそのままの形で受け入れ、少なくなった人口に見合った「ゆとりある日本」を目的とするものである。人口の自然減に従って、9000万人の人口になればそれに適した社会をつくり、4000万人の人口になればそれに適した社会をつくるというものだ。

人口は国家と経済と社会を構成する基本的な要素である。人口の減少が続けば、国勢は衰える。経済は縮小する。社会の多くが消滅する。そのことは承知のうえで、人口の自然減を、日本が成熟段階に入ったことに伴う必然的な社会現象であると受け入れ、国民の生き方・生活様式から社会経済制度・産業構造に至るすべてを人口減少社会に適合するものに改めるというものだ。

ここで指摘しておきたいことがある。実は、4000万人の人口減に耐えられる社会をつくるのは、1000万人の移民を受け入れる以上の難事業になるということである。生活水準を落とす覚悟が国民にあるのか。豊かな生活に慣れた国民が窮乏生活は耐えられるのかという問題である。

 たとえば、生活様式を「贅沢な生活」から「質素な生活」に改める必要がある。少子高齢化社会の社会保障制度を支えるため、増税などの負担増と、年金などの給付水準の低下に耐えなければならない。

 万一移民はお断りの国民が多数を占め、「美しい衰退の道」を選択するというのであれば、1000万人の移民の協力を得て新国家の建設をめざす私の出る幕はない。あまりにも現実離れした無責任な国民についていけない老人は消え去るのみである。

 ただこれだけは言っておきたい。移民を受け入れる覇気のない国民に、人口崩壊時代の苦難を克服する意志も、生き方を根本的に変える気力も、おそらく望めないであろう。東日本大震災からの復興がかなわないばかりか、遠からず経済も財政も国民生活も行き詰まるのは必至だ。やがて手つかずのままに放置された問題や矛盾の深まりとともに、移民政策不在の日本は「みにくい衰退の道」を歩むことになろう。

 それでは、人口ピラミッドが瓦解する日本が全面崩壊を免れる方法はあるのか。理論的には、直ちに革命的な移民政策を実行して世界から有為の人材を移民として迎えること、同時に人口が長期的に安定するとされる2・07の出生率を国家目標に定め、たとえば幼稚園から大学までの教育費の全額を国が負担する子育て支援など、出生率の向上に資するあらゆる政策を動員することが考えられる。その場合でも、社会革命を行い、人口減少社会の身の丈にあった国家国民に生まれ変わることが、日本永続の必須条件である。

« »