移民の扉を開いた偉大な宰相

坂中提案

2014年2月13日の衆議院予算委員会において安倍晋三首相は民主党の古川元久委員の「移民の受け入れ」に関する質問に対し、「国民的な議論を経た上で、多角的な角度から検討していく必要がある」旨の答弁を行った。従来、移民政策に消極的だった政府の姿勢を百八十度転換した画期的な決意表明である。これをロイター通信が世界に発信した。

安倍首相の歴史的な国会答弁の背景に、安倍政権の最大の使命であるアベノミクスを成功に導くには「移民政策」が欠かせないとの判断があったものと推察する。生産者人口と消費者人口が激減する状況下で、移民政策抜きでは日本経済の成長戦略が立てられないからだ。生産者と消費者の増加に直結する「移民」の助けを借りるしかないという認識が政府部内に広まったのだろう。

世界の機関投資家はアベノミクスの成長戦略との関係で、「移民鎖国を続ける日本は売り。移民開国の日本は買い」と、ずばり日本経済の急所を衝く発言をしている。海外の投資家は、移民政策に積極的な安倍首相の姿勢を評価し、中長期的には日本買いに向かうだろう。

さて、首相が国会で移民の受け入れの議論を国民に呼びかけた以上、もはや移民問題はタブーでなくなった。さっそく内閣府は「移民を100年間で2000万人」入れる未来像を発表した。榊原定征経団連会長の歴史的発言に見られるように少子化で人手不足が激化している経済界や、人口崩壊と社会崩壊の危機に瀕している地方など、各界からせきを切ったように移民を求める声が上がった。

ロイターが安倍首相の「移民受け入れ前向き発言」を世界に報道したから、日本の移民開国を待ち望む世界の人びとが抱く安倍首相に対するイメ―ジは一変するであろう。いずれそのうち、「移民立国の立役者」という新しい安倍晋三像が形成されるであろう。

日本が移民国家に生まれ変わった暁には、安倍晋三首相は「移民の扉を開いた偉大な宰相」として日本の歴史に刻まれるにちがいない。

« »