移民のみなさんは漢字の読み書き能力を身につけてほしい

坂中提案

移民政策の成否がかかる日本語教育制度の充実は待ったなしだ。たとえば、経済連携協定による看護師、介護福祉士の受け入れで明らかになったように、移民受け入れの成功の鍵は外国人の日本語能力にある。農業、工業など就労分野が変っても日本語の持つ重要性は変わらない。日本語をマスターした外国人は日本人といい関係を結び、日本社会への適応も早い。努力すれば、日本的思考法や日本的美意識を理解できるようになる。

政府は、大量移民時代に備え、小学校・中学校が日本語のできない外国人の子供を受け入れ、教育する体制を一刻も早く整えるべきだ。在日外国人の子供が日本の子供と一緒に勉強し、日本語の読み書きに熟達すれば、学校の授業も理解できる。進学の道も開ける。希望する職に就くこともできる。日本人の友達もできる。

日本語教育はボランティア任せではいけない。外国人に速く正確に日本語を教える専門性が求められる。それは日本語教育法を修得したプロの日本語教師の仕事だ。国に提案がある。日本語教育の水準を高め、日本語教師の社会的地位の向上をはかるため、日本語教員免許証制度を創設してもらいたい。

文部科学省にお願いがある。国の責任で移民に対する日本語教育を実施するため、移民時代の日本語教育の理念、日本語教育の基本的あり方、日本語教員養成制度、日本語学校の設置基準などを定めた「日本語教育法」を制定してほしい。

日本に永住する移民のみなさんに要望がある。日本の風俗習慣になじんで幸せに暮らすためにも、日本語の会話能力に加えて、漢字の読み書き能力もしっかり身につけてほしい。

« »