移民が日本を元気にする

坂中提案

平成時代のパワーエリートたちは、「どうしてこんな日本になったのか」「いま自分たちに何ができるのか」について真剣に考えたことがあるのだろうか。

人口崩壊の危機に端を発した国家存亡の危機に見舞われているというのに、日本の生き残りをかけた「議論」さえ行われていない。日本人はいつからそのような情けない民族になったのか。政治家、官僚、知識人、経済人、ジャーナリストは人口危機も国家危機も正視したくないのだろうか。日本人が得意の「臭い物に蓋をする」という姿勢なのだろうか。

それでは危機の本質を白日のもとにさらそう。人間がいてこその国家と社会と経済であ

る。少子化で肝心かなめの日本人が消えていけば、産業制度、社会保障制度、財政制度など国家の根幹が揺らぐと認識すべきだ。

日本の指導層の中に憂国の士はいないのか。人口崩壊の恐ろしさ見抜く慧眼の士はいないのか。国家制度の大改造に政治生命をかける政治家はいないのか。

早く外科手術をしないと日本が危ない。しかし、国民は人口問題が日本の命取りにつながることまでは理解しない。根本原因が見つかれば、どこにメスを入れれば助かるかが明らかになり、国の命を救う道が開けるかもしれないのに。

人口は「出生者」と「死亡者」と「移民」の三つの要因で決まる。これはピタゴラスの定理のようなものだ。超少子化時代が続く日本では、人口秩序を正す方法は移民政策しかない。移民は日本を元気にするパワーの源泉だ。移民を入れるとすぐに人口増の効果が出るから即効性にも優れている。

今日の日本のリーダーに求められるのは、人口秩序の崩壊に移民革命で立ち向かう勇気だ。人口増加時代の遺物と化した国家制度を根底から改める世直しだ。

« »