1. TOP
  2. 政策提言
  3. 私が最優先で取り組むべき世界的使命

私が最優先で取り組むべき世界的使命



いま私が最優先で取り組むべき世界的使命とは何か。反移民勢力が勢いを増す世界の危機的状況を鎮めることである。世界の識者が「ミスターイミグレーション」と評価する坂中英徳が先頭に立って、世界各地で燃え上がる人道危機に立ち向かう。

反移民を掲げるアメリカのトランプ政権はもとより、イギリスは移民問題でEUから離脱を決定。フランスはパリが2回のテロ攻撃を受けて伝統的な自由・平等・博愛の精神が影を潜めた。イスラム恐怖症や、人種差別に近い国民感情も顕在化。ドイツのメルケル首相はEUの移民政策をリードしてきた政治家であるが、反移民の右翼政党が勢力を伸ばし、退陣を余儀なくされた。メルケル後のドイツはどこに向かうのだろうか。加えて、オーストラリア、ニュージーランド、イタリアなどの国でも白人至上主義者や反イスラム主義者がのさばるようになった。

世界の移民政策を牽引してきたEUも、これまでは移民・難民の受け入れに積極的だったドイツ、フランスなどのリベラル派が主導権を握っていたが、ここにきて反移民・反難民を唱えるオーストリアなどの国が台頭し、両者の力関係に変化が起きつつある。

2019年3月、ニュージーランドで痛ましい事件が起きた。オーストラリア人が51人のイスラム教徒を銃殺した。犯行声明の中で「白人社会に白人以外の人間が入ってくるのは許さない」と言っている。その男はイスラム教徒を狙い撃ちで殺害しているから反イスラムのイデオロギーの持ち主でもある。

大半の移民国家が、常軌を逸した国粋主義の方向に暴走しているかのように感じられる。このまま行ったら世界はどうなるのか、非常に危険な状況にあると深刻に受け止めている。

アメリカは独立宣言でアメリカに憧れて移住してくる人を歓迎すると約束した。それを国是としてきた。「アメリカは人種のるつぼ」とも言われていた。しかし、21世紀の今も白人至上主義者と黒人至上主義者が死闘を繰り広げている。アメリカ社会の黒人差別の根深さに驚きを禁じ得ない。

私はかつて、第二次世界大戦後の人類は人種問題を克服したと理解していた。しかし、21世紀の現在こそ「人種」の問題が噴出した時代である、そのように世界の厳しい現実を正視すべきだと考えている。

世界全体を見渡すと、人種や移民政策を理由とするヘイトクライムが続発している。世界に漂う異様な雰囲気は、ヒットラーがヨーロッパを席巻した第二次世界大戦前夜の空気とかなり似ていると感じる。欧米社会において自分たちの属する人種・民族・宗教が絶対的で正しいと考える人たちが増加傾向にある。異なる民族間・宗教間の大戦が起きる兆候が世界のあちこちに見られる。世界の知性が人類共同体の理念を掲げて立ち上がる時であると考えている。

近く、移民政策で国論が大きく割れている米国の出版社から坂中英徳の英文図書が出版される。「Japan as an Immigration Nation:Demographic Change, Economic Necessity, and the “Human Community”Concept」と題する書である。日本型移民政策の骨格、人類共同体思想の神髄、日本革命と世界革命の必然性、日本の移民国家ビジョンの世界展開について論じた。

人類共同体の理念で世界の人道危機を救うことを究極の目標とする雄編である。日本型移民政策の世界進出の劈頭を飾る著作と位置づけられる。世界の人道危機が深まるタイミングで出る坂中移民政策論は世界的意義を有すると考えている。

この本が出版されると、世界の知識人の間に衝撃が走るだろう。世界各国の移民政策に圧倒的な影響が及ぶだろう。それは強風の「外圧」に発達し、日本政府に移民開国を迫る決定打となるだろう。

時が流れて移民黄金時代を迎える22世紀の世界。人類共同体思想の発祥の地である日本は、世界各国の人々が憧れる移民社会の聖地として、移民希望者が絶えないだろう。