石破茂地方創生相の爆弾発言

坂中提案

2014年秋、安倍晋三首相は実力者の石破茂氏を地方創生担当大臣に起用し、2060年の1億人の人口目標を達成するため地方の人口減少対策に力を入れる方針を打ち出した。

人口目標を立てるのは結構なことだが、人口の自然減が激化する日本において移民人口を大幅に増やす移民政策を欠く人口減少対策は水泡に帰すると明言しておく。

安倍首相が「移民受け入れの国民的議論」を呼びかけた国会答弁(2014年2月13日の衆議院予算委員会)を受けて、人口激減による社会消滅の危機が迫る地方から移民を求める声を政治家にぶつけてほしい。政治家は移民を求める地方の人たちの切実な声に耳を傾けるべきだ。

わたしは、一般に広まっているイメージとは異なり、地方の人々は移民を強く望んでいると考えている。もちろん、移民を懐に温かく迎える心は都会の住人よりも豊かである。日本人のもてなしの心は田舎の住人のこころに深く刻まれていると固く信ずる。

田舎の人は移民が入ってくるのを好まないと信じている政治家がいるとすれば、それは時代遅れの考えだ。人が消えた社会がどうなるのかを想像してみてはどうか。隣近所が空き家になって人気がなくなった農山村に住む人たちの孤独感にさいなまれた心情に思いをいたしてはどうか。

地方の人たちは、人がいなくなってさびれる一方のコミュニティの再生をいちずに思い、のどから手が出るほど移民の受け入れを願っている。

政府が世界の人材を呼び込めば、地方の人々は待ちに待ったフレッシュマンを歓迎する。移民開国で働き盛りの人材が供給されれば第一次産業の復活のめどが立つ。新しい住民からパワーをもらった地方は創生の道が開ける。

ここまで書いて、石破茂地方創生相の爆弾発言に接した。2015年11月24日の記者会見で、「人口が減る中で、移民の方々を受け入れる政策はさらに進めていくべきだ」と述べ、移民を渇望する地方の声にこたえた。閣内からも自民党内からも異論は出なかったようであるから、正鵠を射る石破発言は安倍晋三内閣の基本方針に発展するであろう。

« »