異端者が大手を振って歩く時代がやってくる

坂中提案

先祖代々の日本人が社会の成員のほぼ100%を占める単一民族社会は全会一致を旨とするおもしろみに欠ける社会ではないか。世の中の大勢に従う人が大多数を占める、異端者が住みづらい社会ではないか。

しかし、移民開国で地球上の民族が勢ぞろいした多民族社会になれば、それぞれの民族の持つ独自の発想や鋭い感性や奥深い思考が競い合う社会へ移行する。異端者が大手を振って歩く時代がやってくる。

魚、貝、肉、野菜、きのこなどの食材が入ったなべ料理が多くの素材の味がしみこんで風味を増すように、多民族社会では多彩な顔ぶれが八面六臂の活躍をする光景が見られる。突然変異で天才や異才が現れる楽しみもある。

多民族社会の日本料理は、いろんな民族の料理のエキスが加わっていっそう味わいの深いものに発展するとともに、メニューもいっそう多彩になり、世界の料理の通が認める世界料理の頂点に立つ夢がふくらむ。

« »