1. TOP
  2. 政策提言
  3. 異なる民族と胸襟を開いてつきあおう

異なる民族と胸襟を開いてつきあおう

人口減少時代を生き抜くため、私たち日本人は生き方を変えなければならない。多様な文化的背景を持つ外国人が日本列島に移住してきて、それぞれの民族がその持ち味を生かして活躍する「移民社会」を作る覚悟がいる。文化や宗教の違う人や、いろいろな顔の人との出会いに胸をわくわくさせる日本人になってほしい。

日本人同士でなごやかに過ごすのもいいが、異なる民族や宗教の人とも胸襟を開いてつきあい、移民に学び、「違う文化に触れてよかった」と実感する日本人になってほしい。人種・民族・宗教に対する偏見が西洋人と比べて少ない日本人は、世界の人々の先頭を切って移民との共生関係を築けるはずだ。極東の島国に古くから住む移民の先輩としてニューカマーの移民と正しく向き合ってほしい。

 
八百万の神々を信仰する日本人の典型である私は、「人類は一つ。みな同じ地球市民」という世界観に基づき普遍性と独創性にすぐれた人類共同体の理念を提唱している。その点が、白人至上主義の考えが根底にある欧米の移民政策と大きくちがうところである。

先進国の中でひとり日本が移民鎖国を続けて安逸をむさぼる時代は終わった。日本の人口危機と世界の人道危機が深刻化する中、私たち日本人は経済大国に相応する規模の移民を引き受ける覚悟を決め、世界の平和と安定に貢献する必要がある。

人類共同体思想が根本にある日本の移民国家ビジョンは世界の若者を惹きつけるパワーがあると思っている。

東京五輪・パラリンピックの開催と合わせて、「移民への思いやりの心がある日本人は1000万人の移民を和の心で迎える」と政府が移民国家宣言を発すれば、欧米の移民国家が移民の入国の門を閉ざす方向に向かう中、世界各地から高度人材が続々日本に集まってくるだろう。移民国家ジャパンは誕生するや否や、世界の有為の若者が憧れる移民社会として脚光を浴びるにちがいない。