画期的な移民政策の導入で日本の若者は変わる

坂中提案

 移民時代に生きる日本の若者の未来は、移民とどのような関係を築くかによって決定されると言っても過言ではない。

 日本人が移民と良好な関係を結ぶには、民族の誇りを持って他の民族と付き合う心の用意がなければならない。およそ自らの民族と文化に誇りを持たない国民は、異なる民族と文化に寛容になれないからだ。

 どうすれば心の広い日本人が多数派の「多民族共生社会」をつくれるのか。

 以下、移民に対する教育重視の定住支援策を実施するとともに、日本人に対する多民族共生教育を行うことによって、日本の若者はどのように変わるかについて述べる。

○ 移民との異文化交流を実体験することで島国根性から脱皮する。

○ 移民と親しく付き合うことで日本人としての誇りを持つようになるとともに、異なる民族への寛容の心がはぐくまれる。その結果、民族の心と寛容の心を合わせ持つ日本人が増える。

○ 移民とのはだかの付き合いを通して人類は多種に分かれているが同じ人間であることを肌で知り、人類愛に目覚める。

○ 移民の勤勉さに刺激され、移民と切磋琢磨する。

○ 移民との交際を通して異文化交流のノウハウを身につけ、世界に羽ばたく。

○ 家族愛や祖国愛が強い移民の生き方を見て、改めて家族の絆や愛国心の大切さを学ぶ。

○ 移民との交際を深め、移民と結婚する日本人が増える。その結果、日本人と移民の共生社会への道が開ける。

« »