1. TOP
  2. 政策提言
  3. 生きがいに満ちた移民人生

生きがいに満ちた移民人生

2000年代初頭、朝日新聞の記者から、「伝説の坂中論文を書いた人はまだ生きておられるのですね」と、驚きの眼で見られた。30歳の時に早熟の論文を書いたからそのような言葉が飛び出したのだと思う。だが、四囲が全て敵という状況下で在日朝鮮人政策の鬼は今日まで生き延びた。74歳の今も坂中論文の著者は移民政策論文をたゆまず書いている。筆の勢いは今がピークである。
  
1975年に書いた坂中論文を出発点とし、移民政策研究を究める道を選んだ。誰も近づかない原野をひとりで開拓した。当初、執念を燃やして書いた移民政策論は社会から一顧もされなかったが、それにくじけずやるべきことをすべてやった。苦難の連続に立ち向かう人生であったが、一方で生きがいに満ちた移民人生であったと述懐する。

44年間、移民政策の理論的研究に全知能を傾けた努力が実り、今の私は「移民1000万人構想」と「人類共同体ビジョン」の旗印の下に日本の移民政策を牽引する立場になった。一本一本の論文に新風を吹き込み、30冊余の移民政策論文を書き、天運にも恵まれ、人生の終わり近くにきて移民国家をつくる大願が成就する可能性が出てきた。

今日では、42年前に出版した『今後の出入国管理行政のあり方について』(坂中論文)を実際に読んだ人はほとんどいないと思われる。今では「幻の論文」なのだろう。

しかし、私にとってそれは移民政策理論のレビュー作である。もし坂中論文を書く機会に恵まれなければ、移民政策研究のパイオニアの私はなかった。移民政策一路の人生を送ることもなかった。生前に「ミスター入管」「反骨の官僚」「救世主」「革命家」「ミスターイミグレーション」等々の恐れ多い形容詞をつけられることも、そのような人物になるための人間修行に務めることもなかった。世界に乗り出し、世界の移民政策理論の頂点を極める立場になることもなかった。

坂中論文と在日朝鮮人政策と移民政策は密接不可分の関係にあると理解する。坂中論文に基づき在日韓国・朝鮮人問題を平和的解決の方向に導いた経験を鏡とすれば、日本の移民政策は画期的成果をおさめると確信する。

現在の私は、坂中論文を書いた人間の名を汚すことなく移民人生の幕を閉じことにこだわっている。できれば起承転結のなった論文人生を全うしたいと思っている。