理論構築の時代から政治を動かす時代へ

坂中提案

司馬遼太郎は『竜馬がゆく』のなかで、坂本竜馬に、次のように言わせている。

〈仕事というものは、全部をやってはいけない。八分まででいい。八分までが困難の道である。あとの二分はたれでもできる。その二分は人にやらせて完成の功を譲ってしまう。それでなければ大事業というものはできない。〉

この言葉は今の私の心境を言い表している。またそうあるべきであると思う。

私がライフワークとして取り組んでいる移民国家建国の道は八合目まできたと思う。人口崩壊の問題の重大性を指摘し、その最有力の解決策である移民国家理論を完成させた。昨年10月に出た『新版 日本型移民国家への道』(東信堂)の発刊をもって私の理論構築の時代は終わった。

これからは世論と政治を動かす仕事に専念する。この二分の仕事は多士済々の人々の協力を得て成し遂げたい。

私は移民政策を立案したパイオニアとして象徴的な役割をはたす。もちろん第一線を退くわけではない。仕事の力点を理論構築からその啓発活動に移すということである。

私が一歩引くことによって日本を移民国家に導く新しいエネルギーが生まれ、世紀の大事業の完成の早まることが期待できるであろう。

« »