無為の人で最期を迎えたい

坂中提案

まさにいま、人口激減に起因する国家存亡の危機に対処するため、時代は国家の急を救う革命家を必要としている。しかし、百年先を見通し、世界的なスケールで考える人物がいないのだ。

しかし、平成の日本人のなかに革命家がいないとあきらめるのは早い。偉大な人物はいないかもしれないが、世界のモデルとなる移民国家ビジョンを打ち立てた日本人がいる。危険なことには手を出さないときめこむ日本人が主流の時代に、火中の栗を拾う奇人が移民革命を唱えて奮闘中である。

さて、本年2月13日の安倍晋三首相の国会答弁(移民の受け入れに関する国民的議論の必要性を強調)によって、移民1千万人構想が危険思想視される時代は終焉を迎えた。その何よりの証左がある。内閣府は2月24日、「100年後の日本が1億の人口を保つには2000万人の移民が必要」という日本の未来構想を発表した。移民政策がおおっぴらに議論される時代がやってきた。

現在、日本の歴史が大きく動こうとしている。日本の移民政策研究のパイオニアとしての実績から、私はその中心に位置する。責任の重さに身の引き締まる思いがする。

私の立てた移民国家構想が脚光を浴びる時代を迎え、これからどう生きるべきか、何をなすべきかについて自問自答している。

そもそも大きな仕事をする人間の器でないことは百も承知だ。英傑でも権力者でもない。移民政策の立案に生涯をかけたことが取り柄の元国家公務員に過ぎない。今は一介の素浪人である。自由人として世界的な視野から天下国家のことを論じている。

そうは言うものの、高潔の士が大きな足跡を残したことも歴史の教えるところだ。私は移民国家の建国の歴史に汚点を残すような人間にはなりたくない。新生国家の名誉のためにも王道を歩んで歴史的な仕事を成し遂げたいと思う。

おのれを鍛え無我の境地をめざす。それは、宮本武蔵のような剣の達人が晩年に達した心境だ。剣を抜いて闘うことをやめ、剣を鞘におさめ、そこにいるだけで存在感がある「無為の人」だ。詰まるところそれは移民政策の理論的研究を極め、移民国家の創始者にふさわしい器量を身につけ、移民国家日本の象徴的存在になることだと理解する。そういう域に達することなら、精進すればなんとかたどりつけそうな気がする。

« »