滅びの美学から新しいものは生まれない

坂中提案

人口崩壊時代の日本の国のあり方として、理念上は、移民に頼らない選択肢も考えられる。「小さいながらも美し日本への道」である。1990年代後半の入管時代、私はそのような「滅びの美学」にひかれるところがあった。

人口の自然減をそのままの形で受け入れ、少なくなった人口に見合った「ゆとりある日本」を目的とするものである。人口の自然減の成り行きに任せて、9000万人の人口になればそれに適合する社会を作り、4000万人の人口になればそれに適合する社会を作るるというものだ。

その場合の入国管理政策は、人口の国際移動が日本の総人口に影響及ぼさないようにすること、すなわち移民の入国を厳しく制限するものである。

人口は経済と社会を構成する基本的要素であるから、人口の減少が続けば経済が縮小し、社会の多くが消失する。それは承知のうえで、人口の自然減を日本社会が成熟段階に入ったことに伴う必然的な社会現象であると認めて、国民の生き方・生活様式から国土建設・社会経済制度・産業構造に至るすべてを、「人口増」を前提とするものから「人口減」を前提とするものに改めるものだ。要するに「社会革命」を断行するというものである。

人口の減少に比例して縮小してゆく社会に生きる国民は、これまでの生き方を一新するとともに、重い責任をはたさなければならない。人口増時代に形成された人生観を人口減時代に適したものに改める必要がある。

たとえば、生活様式を「ぜいたくな生活」から「質素な生活」に改めることが求められる。少子高齢社会の社会保障制度を支えるため、増税などによる負担増と、年金などの給付水準の低下に耐えなければならない。生活水準の大幅低下も覚悟しなければならない。

国民が生活にゆとりと安寧をもたらす人口減少社会に意義を見いだし、小さくなった人口規模に相当する経済・社会体制の日本に作り変えていくことで国民合意が成立すれば、それは日本列島の中に「壮大な理想郷」を実現しようというものである。

国民が「美しい衰退の道」を選択するというのであれば、移民1000万人の受け入れによる新しい国づくりを主張している私の出る幕はない。あまりにも高邁な理想についていけない老人は去るのみである。

« »