1. TOP
  2. 政策提言
  3. 波乱の人生行路

波乱の人生行路

1960年代の学生時代は学生運動が盛んな時代であった。しかし、ノンポリの私は安定した生活を望む普通の若者だった。迷うことなく国家公務員の仕事を選んだ。1970年4月のことであった。

何が起きても不思議でないのが人生だ。誰も手を触れようとしなかった民族差別問題と取り組む公務員生活が待っていた。外国人の入国管理を所掌する法務省入国管理局に就職した私の行政対象は「在日朝鮮人」と「難民」そして「移民」であった。日本社会のマイノリティの人たちが当面する問題を担当することになった。
 
在日朝鮮人を筆頭に民族的少数者の処遇改善をテーマとする論文をもっぱら書いた。行政官時代の晩年は、未踏の世界に足を踏み入れ、世界の常識をくつがえすような移民国家理論の創作に打ち込んだ。移民政策の理論的研究で業績を積み上げたことがさらなる飛躍につながった。

国家公務員生活を終えた2005年には、人口ピラミッドが崩壊する国家的危機に直面する日本を移民政策で救う仕事に出会った。移民政策一本の道を歩んだ私にとってそれはまさしく天職であった。高い志を立て、ボランティア活動として真心をこめてこれと取り組んだ。それが正しい生き方であった。孤高の人の立場から自由自在の活躍ができた。

移民国家百年の大計を立てるのは国家的大事業である。超人的な人間が束になってとりかかって初めてその実現がかなうほどの難事業だ。長期的・世界的な視点から構想を練り上げ、すべての国民が納得する理論を構築する必要がある。それゆえ、移民鎖国を続けることに何ら疑問を感じない政治家や、在日朝鮮人問題に関心がない知識人は、移民国家の創建のような難航が予想される世紀の大業に挑戦する見識も勇気も初めから持っていなかったと言うべきである。

つまるところ、入管に就職したことが縁でマイノリティ問題に精通し、移民法制の確立をライフワークとする元入管職員が、日本再生の責任者の立場になった。