歴史の転換期を生きる日本人は何をなすべきか

坂中提案

言うまでもなく、今日の日本が直面する最大の課題は、日本の歴史はじまって以来の「人口崩壊」の危機をいかに乗り切るかである。

まず、歴史の転換期を生きる国民には、日本という国が置かれている一大危機を客観的に見る勇気が求められる。次に、当代の政治家には、人口崩壊をとめる根本的な政策を立てる構想力が求められる。激動の時代を生きる日本人に自国の厳しい現実を曇りない目で見つめ、日本の生き残りをかけた根本的改革を行う覇気がなければ、先祖代々の日本人が営々と築いてきた社会、経済、文化、財政、国民生活のすべてが崩壊するのは必至である。

それでは「人口崩壊をとめる根本的な政策」として何が考えられるのか。日本を立て直す妙案はあるのだろうか。

国民が一致団結して移民革命と社会革命を行う以外に、日本の全面崩壊は避けられず、日本の再生はかなわないと、私は言い続けている。

« »