歴史の歯車を逆行させてはならない

坂中提案

世界は西洋文明の終焉による地殻変動の時代に入ったのではないかと予感する。今後、人類の英知を結集し、新しい世界秩序をつくる動きが出てくるだろう。そのときには、非西洋文明の国を代表して日本が大きな役割を果たす必要がある、と私は自分に言い聞かせている。

世界の移民政策をリードしてきた移民国家の現状を見ると、米国、英国、ドイツ、フランスなどで人種差別と移民排斥の世論が吹きまくっている。排外主義者たちが声高々に移民追放を叫ぶ危険な状況が生まれている。これが文明国のあるべき姿なのかと驚きを禁じ得ない。歴史の歯車が狂ったとしかいいようがない。第三次世界大戦の勃発の危険性をはらむ動きに発展しかねないと不安を感じる。第二次世界大戦前のような排外主義一色の世界にしてはならないと、世界の有識者に訴える。これは日本にとっても他人事ではない。

いまこそ日本政府が、日本型移民国家の理念を世界にアピールし、50年間で1000万人の移民を受け入れる、と世界の人々に約束する時だ。日本が果敢に国際社会に打って出れば、日本は移民氷河時代に生きる移民の一筋の光になるであろう。21世紀の日本人は人類史的・世界史的役割を果たした民族として世界史に刻まれるだろう。

日本の移民政策研究の第一人者が立てた移民革命思想が世界の移民問題を解決に導く時代を想像すると明るい気分になる。坂中英徳が提唱する人類共同体構想について世界各国の知識人の間で白熱の議論が戦わされることを願っている。

« »