1. TOP
  2. 政策提言
  3. 正論を吐いた人間の宿命

正論を吐いた人間の宿命

  法務省入国管理局に勤務していた時代、誰もが恐れて触れようとしない問題、たとえば、在日韓国・朝鮮人の処遇問題(1975年)、フィリピン人興行入国者の人身売買問題(1995年)、北朝鮮日本人妻の帰国問題(2002年)など、出入国管理行政上の重要課題と取り組んだ。

  いつも私の問題提起から世論が動いた。しかし、解決までには苦難の道のりが続いた。坂中英徳への個人攻撃が殺到し、国民の理解が得られるまでには長い年月を要した。

  2008年6月、私が原案づくりにかかわり、自民党外国人材交流推進議員連盟がまとめた「日本型移民政策の提言」が発表されると、移民鎖国派、国粋主義者らによる「売国奴」「反日」という坂中攻撃が始まった。同年7月には、国粋主義団体の街宣車が、私が主催するシンポジウム会場に押しかけてきた。私は一歩も引かず、彼らと真剣な議論を闘わせた。

  2014年に移民国家構想が政治的課題にのぼると、一握りの排外主義者・国粋主義者・ヘイトスピーチグループによる坂中打倒の動きが活発化した。移民革命の先導者として知られているので、彼らの攻撃の的になるのは自然の成り行きである。しかし、幸いにも、エスノセントリズムの考えが国民の間に広がる気配は見られない。そのような考えは日本人の和の精神に著しく反するからである。国民の支持が得られないことが明らかになったこともあってか、2020年10月現在、反移民勢力の勢いがしぼんだと感じる。

  移民政策研究所所長が国粋主義者らから集中砲火を浴びるのは正論を吐いた人間の宿命と受け止める。攻撃が激しさを増せば増すほど、国家・国民のため正しいことをしているのだと自分を励まし、理想の移民社会の創建に向かって進む。