東京世界都市構想について

坂中提案

2020年の東京オリンピックの開催きっかけに、東京は、ニュ―ヨ―ク、ロンドン、パリと並ぶ、「世界都市」に立候補してはどうか。東京が世界都市と世界から認められるためには、「都民の10人に1人が移民」の東京、世界の若者が移住したいと憧れる東京に変身しなければならない。

東京都民の中から有志たちが現れ、「移民を温かく迎える東京」をつくる運動に立ち上がってほしい。

東京世界都市構想の実現に向っての第一歩として、経済、金融、学術、芸術、建築、ファッション、スポーツ、料理などの分野に世界の人材を迎え入れるための入管法上の優遇措置を柱とする「東京移民特区構想」を提案する。その概要は以下のとおりである。

(1)「投資・経営」、「法律・会計業務」、「人文知識・国際業務」、「医療」、「建設技術」(新設)、「製造技術」(新設)、「伝統工芸技能」(新設)、「教授」および「芸術」の在留資格を有する外国人に対し、入国後3年で「永住」を許可する。

(2)官民を挙げて留学生に対する就職支援を積極的に行い、東京都内にある企業等に就職が決まった外国人に対し、入国後5年で「永住」を許可する。

2020年の東京五輪は、世界の多彩な人材が活躍する「移民に開かれた日本」を世界の人びとに知ってもらう最高の舞台となる。オリンピック見物で東京を訪れる世界各国の人びとの中から日本への移民を希望する人が爆発的に増えることも期待できる。

東京オリンピックを成功に導くため、東京都は「平成の日本開国」の先陣を切ってもらいたい。日本政府は、「移民を拒否する国」から「移民を歓迎する国」へと、世界の日本イメージを一新してもらいたい。

日本の移民開国は、世界中の人びとが歓呼の声をあげて歓迎し、東京オリンピックに花を添えるものになろう。

« »