未踏の原野を突き進めば展望が開ける

坂中提案

行政官時代、在日朝鮮人の処遇問題(1975年)を皮切りに、中国人偽装難民事件(1989年)、フィリピン女性の人身売買事件(1995年)、北朝鮮残留日本人妻の帰国問題(2002年)、人口減少社会の日本の移民政策(2004年)など、出入国管理行政上の難問中の難問と取り組んだ。退官後は、究極の日本改革である移民国家ビジョンを打ちたてた。

これらの問題は私の問題提起から始まって大論争に発展した。40年間、移民政策に関する理論と実践をこつこつ積み上げた努力が実を結び、世間が不可能と考えていた移民鎖国体制が覆った。未踏の原野を突き進めば展望が開けるのだ。

いまの私は、移民革命の先導者の立場を自覚し、人口崩壊の危機に起因する前代未聞の国難に立ち向かっている。生まれ変わった移民国家日本が、国家存亡の危機を乗り越え、世界のモデル国として屹立する時代を視野に入れている。

« »