未来の日本人は地球市民をめざす

坂中提案

「日本人は百年かけて雑種系民族に進化しなければならない」と、私はつとに主張している。移民二世の前オバマ米大統領が2009年1月の就任直後、ホワイトハウスで飼っている犬の血統を記者から尋ねられ、「この犬は雑種。私も雑種」と述べたことを鮮明に記憶している。含蓄のある言葉に蒙を開かれた。

1000年以上もの間、異国の民が大量に来日することがなかった日本。ながいあいだ日本人は日本列島の中でいわば血縁者同士の緊密な関係を結んで生きてきた。その結果、世界の諸民族と比較して、日本人は比較的純血度の高い民族になった。ものの考え方が井の中の蛙で視野の狭い人種であることも否めない。

だが、21世紀の世界は地球時代に入った。いわゆる地球人の視点で世界を鳥瞰しなければ激動の時代は乗り切れない。日本人だけで政治・経済・社会・教育などを運営する体制に限界が見えてきた。今こそ、日本人は世界各地で起きる民族問題や宗教問題などに的確に対応する国民に生まれ変わる必要がある。

グローバル時代の世界の潮流に乗るため、われら日本人は地球市民をめざす。その第一歩として、世界人材が日本永住をめざす移民国家の金字塔をうち建てる。地球上に存在する全ての民族を網羅した1000万人の移民が将来の国民として加われば、多彩な顔を持つ国民が国家を構成する多民族国家に移行する。いろいろな民族の血が入った雑種民族の典型のオバマ氏のようなハイブリッドの逸材が輩出する社会である。

人口の10%が外国出身者の多民族国家になれば、各民族の持つエネルギーがぶつかり、あるいはそれらがまじり合って新たな国民エネルギーが発生するだろう。新エネルギーを取り入れて体質が強化された日本人は世界の人々と堂々とわたりあえるだろう。

それだけではない。地球上の人種・民族・宗教はみな平等であると考える日本人が世界の先頭を切って「地球市民の精神」を身につければ(その可能性は十分ある)、「新しいタイプの世界人の誕生」と世界の知識人が評価し、地球市民のメンタリティを持つ人たちが移住したいと憧れる「移民の新天地ジャパン」の日本イメージが世界に定着するかもしれない。

地球的視野で考える日本人が新たな世界秩序の創造に向かって羽ばたく百年後の新世界に思いをはせている。

« »