曽野綾子氏の移民政策を批判する

坂中提案

 2月11日の産経新聞に載った曽野綾子氏のコラム、「労働力不足と移民――『適度な距離』保ち受け入れを」(曽野綾子の透明な歳月の光)に関し、内外の識者から批判、抗議が殺到した。南アフリカの駐日大使は産経新聞に対し、「アパルトヘイト政策を容認するものだ」と抗議した。ロイター通信などの外国メディアが批判的記事を世界に発信した。

なお、2月13日の記者会見で菅義偉官房長官は、「移民政策について、日本は法の下の平等が保障されているので、それに基づき適切に対応する」と、ロイター通信の記者に対し回答した。

私の移民政策を応援してくれる多くの友人からフェイスブックの世界で曽野綾子氏の移民政策に対する感想を求められた。そこで発表した私の見解は次のとおりである。

〈 移民の受け入れ方法について、いろいろ議論するのはいいことだと思います。ただし、移民に対し基本的人権を保障しなければなりません。日本国憲法が保障する居住移転の自由や職業選択の自由を移民に保障する必要があります。〉

〈日本人が消えてゆく。日本人がいなくなって社会が消えてゆく。日本文化の担い手がいなくなって日本文化が消えてゆく。それを食いとめる最有力の国家政策として移民を迎え入れるのです。真の保守で憂国の志のある日本人なら、心から移民を歓迎するはずです。移民に対して冷たい態度をとる人は本当の愛国者ではありません。〉

〈日本が居住移転の自由を認めない日本国憲法違反の制度、国際法違反の人種隔離政策(アパルトヘイト政策)をとることはありません。べネッシュさん、安心してください。〉

〈これで移民亡国論者の立論は良識ある国民の反発を買うことになりました。この暴論は移民興国論者の私にとってプラスに働くと見ています。〉

〈BBC放送の取材を受けました。近く、私の移民政策のエッセンスがBBCワールドニュースで報道されます。それによって曽野発言による日本のマイナスイメージをふっ飛ばします。正しい移民受け入れ制度を考えている日本のイメージが世界中に広まります。ご期待ください。〉

〈2011年1月、 べネッシュさんは在日外国人で初めて私の移民政策に賛同されました。その後、4月のACCJでの講演の企画、6月のWSJへの投稿などで大変お世話になりました。べネッシュさんのような日本が大好きで見識のある外国人がもっと増えれば、日本は有史以来の危機を克服できると信じています。グローバル時代の今日、日本人だけで政治、経済、教育などの諸制度を運営することはできません。島国根性を捨て、外国人の智慧を借りなければなりません。〉

〈菅義偉官房長官は正しい認識を世界に示されました。早いタイミングで日本政府が憲法違反の移民政策をとることはないと世界に約束したことは良かったと思います。〉

« »