日韓関係の未来は「親日家」が育つかどうかにかかっている

坂中提案

 一般社団法人移民政策研究所の所長として、私は人口崩壊の迫る日本を救うため50年間で1000万人の移民を受け入れるべきと主張している。そんな私に対し、一握りの排外的な人たちは「売国奴」と非難をあびせる。

 韓国では戦後一貫して、それと同じような攻撃が「親日家」に向けられてきた。親日家の政治家や知識人は「売国奴」とののしられ、社会から抹殺された。

 韓国人は「反日」のスローガンでしか一つにまとまれない国民なのか?そうであれば、そのような国民と日本人はいい関係を結ぶことはできない。

 朴槿惠新大統領には、反日の世論しか成り立たない、決して親日家が育たない、そういう国の体質を改めてもらいたい。韓国が日本に対し、是々非々の立場をとる国に生まれ変わらなければ、日韓の真の友好関係は永遠に築けないだろう。

 日韓関係の未来は、韓国国民が客観的に日本を見ることができるかどうかにかかっている。

 戦後の日本国民が韓国に対して抱くイメージは、「独裁国家」→「民主主義と経済発展の国」→「文化的魅力のある国」へと、劇的に変遷してきた。韓国国民の対日イメージがダイナミックに好転することを期待してやまない。

 超少子化による人口危機が深まる日本は、世界各国から優秀な若者を迎え入れなければならない。韓国からも日本に親しみをもつ若者の入国を歓迎する。しかし、反日思想の持ち主の入国はお断りする。

« »