日本開国の本命は移民

坂中提案

日本開国の本命は「移民」というのが世界の常識である。国際社会は、日本が移民の門戸を開かないかぎり、ほんとうに国を開いたことにはならないと冷静に見ている。

TPP交渉は最終段階に入ったようだ。平成の開国劇においてTPPへの加入は序幕にすぎない。内閣の移民国家宣言で終幕を迎える。政府がTPPへの参加に続いて「移民の開国」を決断すれば有終の美を飾れる。

移民先進国が移民の入国の扉を閉じようとしている中、世界中の人びとは日本の移民開国に歓呼の声をあげる。「移民を歓迎する日本」へと、世界の日本イメージは一新する。世界に「移民大国ジャパン」の名がとどろく。このことの持つ世界史的意味はいくら強調してもしすぎることはない。

日本が移民立国を国是とする国になると、人の移動・外交・経済・安全保障の分野で移民送り出し国との関係が強化される。世界の友好国と移民協定を積極的に結ぶなど、移民外交ひいては平和外交が日本外交の大黒柱になる。

わたしは、移民協定に基づき看護師・介護福祉士などを受け入れる体制を早急に確立し、環太平洋経済圏の一員になること、それが日本の生きる道と考えている。環太平洋地域には、米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど、世界の移民大国が顔をそろえている。

日本がTPPに加入し、50年かけて移民1000万人を計画的に入れる「移民大国」の道を歩めば、移民立国の理念を共有する主要国が環太平洋地域に集結する移民国家連合が形成される。それにとどまらない。加盟国の間で人の移動が激しくなり、しだいに一体感が醸成され、太平洋共同体構想に発展する可能性が出てくる。

安倍晋三首相にお願いがある。日本を主要メンバーとするTPPの最終合意が成立したタイミングで移民国家の名乗りをあげ、日本は米国、カナダなど主要な移民国家と連携して環太平洋地域における人の移動の拡大と平和友好に貢献する旨を世界にアピールしていただきたい。

« »