日本発の移民政策が世界をリードする時代がやってくる

坂中提案

いま世界は悪夢のような現実に直面している。移民国家のリーダーの米国、英国、フランスで移民排斥と人種差別の嵐が吹き荒れている。行き場を失った移民・難民の家族の悲惨な状況が連日のように報道されている。排外主義一色の世界にしてはならない。日本の出番がきた。

いまこそ日本政府が50年間で1000万人の移民を受け入れると世界に宣言する時だ。世界の人々は移民への逆風が吹く中さっそうと初陣を飾る移民大国に歓呼の声をあげるであろう。日本発の画期的な移民政策が世界をリードする時代がやってくると予感する。

移民政策研究一筋の日本人が立てた移民革命思想が世界の移民問題を解決に導く光明として輝く時代を想像すると気がはれる。日本の移民革命家の頭に天啓のごとくひらめいた人類共同体構想に関して国の内外で論争が繰り広げられることを願ってやまない。

« »