日本民族の消滅危機を正視しない移民反対派

坂中提案

 移民反対派の人たちは日本民族が消滅する危機を正視しない。人口崩壊の危機を乗り越える政策を考えることもない。もっぱら移民排斥を唱える、無責任な人たちの集まりである。その典型がヘイトスピーチグループだ。
 
 移民が入ってくると日本文化の純粋性が損なわれると口を添えるが、肝心要の日本文化の担い手(日本民族)が消えていくことについては心配していないようだ。

 移民反対派の人の書いたものを読むと、人口危機の深まりとともに経済、社会、文化の衰退が加速する祖国の未来を憂い、移民政策に代わる、人口問題の有力な解決策を提示した人はいない。彼らは愛国者を標榜しているが、真の愛国者ではない。

最近の日本の世論は健全な方向に向かっている。「結婚しろ」「子供を生め」「外国人お断り」と公言することが禁句になった。これは反移民陣営にとって痛手となる。

 子供をつくることを声高に叫ぶことが許されなくなった。「移民は嫌い」「移民は帰れ」という演説をぶつことができなくなった。

 その一方で、平成の世直しで日本のビッグバンを起こそうとしている坂中英徳への批判が高まっている。インターネットの世界ではヘイトスピーチの連中による「移民1千万人の坂中英徳は売国奴」という名指しの攻撃が激しさを増している。

 そのことについては、日本人が不磨の大典として守ってきた移民鎖国体制を打破しようとしているのだから、大きなリアクションがあって当然と受け止める。移民反対派にとって移民革命を先導する私は不倶戴天の敵ということなのだろう。それに加えて、特に在特会=ヘイトスピーチ集団は在日韓国・朝鮮人の法的地位の安定をもたらした『坂中論文』(1977年発表)も目の敵にしている。

 千年来の最強のタブ―との闘いで一人孤高を持する。良識ある国民は国際社会からも批判の声が上がっている排外主義団体にくみすることはないと考えている。

« »