日本文明に何ができるのか

坂中提案

今日、欧米諸国では、移民排斥が叫ばれている。トランプ氏のアメリカのみならず、イギリス、フランス、ドイツなど主要移民国家で移民排斥の動きが止まらない。反イスラムと人種差別の西欧文明は没落の危機にあると見ている。自由・平等・博愛はフランス革命の根本精神であるが、そのフランスでも、イスラム恐怖症と人種差別が公然と語られている。

アメリカは移民の国で「人種のるつぼ」と称されてきたが、人種間の融和どころか、白人至上主義者と黒人至上主義者の対立抗争が激しくなる一方だ。トランプ大統領の常軌を逸した反移民の考え方は、それを象徴するものである。

西欧文明は結局、白人至上主義者と、キリスト教という一神教を信仰する人たちがつくった文明なのである。自分たちの宗教が絶対でいちばん正しい。ほかの宗教は間違っている。そういう独善的な考えが根底にある。今までは経済と産業に余裕があり、移民に寛容であった。ところが、経済が行き詰まり、西洋人の本音が出てきたのである。

イスラム=テロリストと決めつける。「IS(イスラム国)」も、アフガニスタンやイラクでの戦争の産物である。何のことはない。欧米諸国が始めた戦争が、西欧文明に牙をむく反逆児を大量に生み出したのである。民族対立が激化する中、日本文明に何ができるのか。

そもそも日本人の民族性は、人種・宗教の違いはたいしたことではないと考えるものである。日本人は八百万の神々を信仰し、日本では神道と仏教が共存している。自然との一体感を抱き、動植物にも仏心があると考えるのが日本人。白人と黒人との間に優劣はないと考えるのが日本人。私は、人類は一つ、みな同じ地球市民という考えで、日本の風土に根ざした人類共同体の理念をうたっている。その点が欧米の移民政策と違うところである。

日本が新鮮な移民政策の旗を掲げて世界に乗り出せば、移民排斥・人種差別・宗教差別に進んでいる世界の移民政策を、正しい方向にリードできる。

« »