日本文明には移民を受け入れる底力がある

坂中提案

さすがに最近はそういうことはなくなったが、外国人ジャーナリストから次のような質問をよく受けた。50年間で1000万人の移民を受け入れる能力が今の日本社会にあるのか。歴史的にも、江戸期265年間の「鎖国政策」に代表されるように、移民の受け入れも外国人との共生もほとんど体験したことが何のだから、それだけの度量の大きさを日本人に期待できるのか。

その際には、日本文明の底力を前面に出し、日本には1000万人の移民を受け入れるための基盤も環境も精神風土も備わっていると答えることにしていた。

具体的には、第1に、長年にわたり蓄積されてきた産業技術と、卓越した世界企業の存在。高い教育水準と充実した高等教育機関も、留学生を大幅に増やすための教育資源となる。

第2に、外国人の心を引く恵まれた自然環境と豊穣な文化。特に日本料理の魅力。

第3に、日本社会には「人の和」や「寛容の心」を重んじる豊かな精神風土があること、多神教の日本人には多様な価値観や存在を受け入れる「寛容」の遺伝子が脈々と受け継がれていること。

以上の説明で外国メディアのみなさんは納得された。

最近、様々な国籍の在日外国人と日本の移民政策について意見を交換している。彼らは口をそろえて「正直でもてなしの心がある日本人は移民を上手に受け入れられる」と言う。そして私の移民政策に対する熱烈な支持を語る。在日外国人の世界で移民国家日本への待望論が高まっていると感じる。

« »