日本文化は世界の人々のものになった

坂中提案

大相撲、歌舞伎、宝塚歌劇、京都祇園、金閣寺、奈良の鹿、東大寺、鎌倉の大仏、伊勢神宮、出雲大社、皇居、銀座、高山祭り、青森のねぶた、博多祇園山笠、徳島の阿波踊り、札幌の雪祭り、東北の温泉郷、沖縄のサンゴ礁の海、大阪城公園、姫路城、名古屋城、富士山、阿蘇山などは外国人観光客のみならず移民が憧れる観光の名勝である。日本の伝統文化は日本に永住する移民にとっても魅力的なものである。

以上に掲げる伝統文化と観光名所を守る人材の確保を真剣に考える必要がある。少子化で後継者難が急激に進む日本では、日本の若者だけで日本文化を維持することは不可能だ。

日本文化の精髄を理解する世界の若者の中から日本の伝統を引き継ぐ人材を育てれば後継
者問題は解決する。それだけではない。日本文化の普遍性が高まり、世界の人々が愛する世界文化遺産に発展する。

時代は変わった。日本の文化は「日本人がひとりじめするもの」ではない。「世界の人々のもの」である。漫画文化やカラオケ文化や居酒屋文化は世界の多くの人から愛される普遍的文化である。また、日本の文化パワーは世界の人々を惹きつけ、移民政策をすすめる推進力になると考えている。

モンゴルの横綱もいい。青い目の芸者もいい。アジアの美女がそろう宝塚歌劇もいい。世界の若者が博多祇園山笠でみこしを担ぐのもいい。色とりどりの民族衣装に身を包んだ若者が阿波踊りで踊り狂うのもいい。多彩な顔の面々が居酒屋で酒を飲み交わすのもいい。

みこし担いだり、踊ったり、酒を一緒に飲んだりする地球市民たちが、異なる民族の心が溶け合ってひとつになる至福の境地にひたっている光景を想像するのは楽しい。そのとき一瞬ではあるが、人々の心に人類同胞意識が生まれているのではないか。

世界の若者を感動させる祭り・食文化などの文化材や、里山・棚田などの自然景観は全国
いたるところにある。世界の人びとを日本に引き寄せる文化遺産や自然遺産を発掘し、世
界に発信しよう。その役割を在日外国人に任せてはどうか。世界的視点で日本の好いとこ
ろを発見し、世界中に広めてくれるだろう。

« »