日本型移民国家と人類共同体社会と恒久世界平和体制

坂中提案

今日の日本は、日本の歴史にも世界の歴史にも前例のない「人口ピラミッドの崩壊」という一大危機にある。未曾有の危機を脱するのに生半可な改革をいくらやってもだめだ。今の日本に必要なのは国の形と国民の生き方を根本的に改める革命である。

千年に一回の移民革命を行う覚悟が国民に求められる。人口崩壊に伴う全面崩壊の危機を移民革命で克服するのだ。

世界の若者に移民の入国の門戸を開放し、移民教育を熱心に行って日本国民に養成し、人口ピラミッドを正常な形に立て直す。

人口秩序の回復には百年を超える時間がかかる。それは日本人の内なる敵との闘いでもある。国民は体内にしみこんだ島国根性を克服し、移民を人類同胞として温かく迎える地球人に成長しなければならない。

日本文化史が雄弁に物語るように、日本人は外国の文化や宗教や思想を寛容の精神で受け入れて自分のものにしてきた。日本文化は、日本人が世界の文化の精髄を取り入れて洗練されたものに磨き上げた「雑種文化」の優等生である。移民の受け入れも、和の心を持ち、尊大なところが少ない日本人なら成功するだろうと考えている。

究極の目標は人類共同体社会の樹立である。それは言葉の真の意味での世界平和への第一歩となる。日本人がそれを成就すれば、近未来の地球人への最高のプレゼントになるだろう。

以上のような日本型移民国家の理想像と恒久的世界平和の夢を描いた新作が、『新版 日本型移民国家への道』(東信堂刊)と、英文図書『Japan as a Nation for Immigrants』(移民政策研究所刊)である。この二つ著作の刊行が契機となって移民国家議論が大いに盛り上がることを願っている。

« »