日本国民は反日思想で凝り固まった移民の入国を許さない

坂中提案

一般社団法人移民政策研究所の所長として、私は人口崩壊の迫る日本を救うため、50年間で1000万人の移民を受け入れる必要があると主張している。そんな私に対し、一握りの国粋主義者や排外主義者は「売国奴」「反日家」などと非難・罵倒をあびせる。ここ最近は、移民政策に関する国民的議論が本格化したことから、坂中攻撃が激しさを増している。

しかし、私は移民革命の伝道師として自由に意見を述べることができる。日本社会から抹殺される心配はない。危険な思想家が平成の社会革命を国に迫っているが、政治家の圧力は一切ない。英国のジャーナリストから「日本は自由にものがいえるいい国ですね」と言われた。

一方、韓国では戦後一貫して、国民総がかりの激しい攻撃が「親日家」の人びとに対して向けられてきた。親日家の政治家や知識人は「売国奴」のレッテルを貼られ、沈黙を強いられ、社会から消えていった。

その結果どうなったか。今日の韓国は大統領以下全国民が「反日家」のかたまりの様相を呈している。親日家は見る影もない。国全体が反日を売り物にする異様な国といわなければならない。

韓国人は「反日」のスローガンでしか一つにまとまれない国民なのだろうか?そうであれば、日本人はそのような国民と良好な関係を結ぶことはできない。

韓国が、反日の世論しか成り立たない、決して親日家が育たない、そういう国の体質を改めないかぎり、日韓の真の友好関係は築けない。

戦後の日本国民が韓国に対して持つイメージは、「独裁国家」→「民主主義と経済発展の国」→「文化的魅力のある国」へと劇的に変遷してきた。韓国国民が日本のことを客観的に見るようになり、韓国人のいだく対日イメージがダイナミックに転換することを期待してやまない。

世界各国の移民政策を見ると、国民の好感度や外交関係などを総合的に考慮して国籍別の受け入れ枠を決定している。日本国民は反日思想で凝り固まった移民の入国を許さないから、日本の移民政策は反日教育に熱心な国からの移民を厳しく制限するものになる。

« »