日本企業の世界進出のあり方について

坂中提案

世界市場での生き残りがかかる企業は、経済のグローバル化に対応できる人材を確保する観点から、積極的留学生採用計画を立ててもらいたい。これだけでは十分とはいえない。
 
日本企業の世界進出のあり方について、老婆心から付言しておきたい。激動する世界の情勢に詳しい多彩な人材がいない企業は世界市場から取り残されるおそれがある。特に、日本人は民族問題と宗教問題に疎いところがあるので、日本人オンリーの企業は多国籍の人材を多く抱える世界企業と五分に闘えない。たとえば、民族・宗教対立に起因して世界のいたるところで起きているテロ、人質事件、内乱などの問題に的確に対処できない。

海外市場を相手に仕事をする場合、日本人だけで企業経営をやっていたのでは、刻々変化する世界の動きが読めない。外国人の趣向や価値観をよく知る人材が社内にいないと、海外の顧客が何を求めているのか、どんな商品を提供すれば売れるのかがわからない。

日本企業のきめ細かなサービスや精巧な製品自体はすばらしいものであっても、外国人の好みに合わなければ海外では勝ち目がない。

外国の伝統文化や外国人のものの考え方に対して純粋無垢なところがある日本人は多国籍企業でもまれた国際人には太刀打ちできない。世界に打って出える気概のある中小企業の経営者は世界各国の文化に精通する国際人材の獲得に努めてほしい。

企業が外国人を採用する場合、人事、給与、昇進などは日本人と平等にすべきだ。自由競争、実力主義が原則だ。日本人と外国人とのスタートラインを一緒にし、有能な人材であれば、国籍を問わず抜擢する。企業のトップに外国人新卒者が昇進できる道も開く。

企業の経営体質を世界人材に開かれたものに改めないかぎり、世界を股にかけて活躍する人材は日本企業に見向きもしない。企業の生き残りをかけて、数十年先の日本と世界の姿を視野に入れた外国人採用計画を立案してほしい。

« »