日本人に生活水準を落とす覚悟はあるか

坂中提案

 「坂中は『小さな日本』の立場から『大きな日本』の立場に変わった」と研究者の間で話題になっているそうだ。

 確かに、日本の歴史に類を見ない規模の移民受け入れを主張している。しかし、50年間で1000万人の移民を入れても、総人口が3000万人減ることを忘れてはならない。この3000万人の人口減は日本の未来に重大な影響が及ぶ。

 私の基本的な立場は「小さな日本」に軸足を置いたものである。移民政策も、今の英、仏、独の水準並みの移民人口(総人口の1割)に抑えるものだ。人口動態の急激な変化に対応できない国の根幹部門(たとえば農林水産業、中小企業、教育産業、社会保障制度、医療制度)を存続させるのに必要な最小限の移民に限るというものだ。

 その場合、人口激減に対応するための社会革命が必要となる。人口増加時代に形成された日本人の生き方・生活様式から経済・社会制度に至るすべてを根源から改めなければならない。

 これは途方もない難事業である。移民1000万人の受け入れの比ではない。国民が世代や民族の垣根を越えて一丸となり、総力を結集しないと達成できない。

 たとえば、人類が未知の領域の超少子・超長寿社会を生き抜くため、生活のあり方を「贅沢な暮らし」から「質素な暮らし」に改める。80歳まで働く。自分の命は自分で守るのが基本。少子高齢社会の社会保障制度を支えるため、税金、社会保険料などの負担増と、年金の減額や福祉サービスの低下に耐える。
  
 不屈の精神で社会革命を成し遂げ、速やかに移民立国への転換を図り、移民解放政策を持続すれば、今世紀中に人口が減りも増えもしない「静止人口」の社会を迎えるだろう。私は7000万人台の人口で静止する社会が望ましと考えている。

 百年後の人口静止社会を想像すると、青い海に囲まれ、田園と里山が広がる日本列島で悠々自適の生活を楽しむ日本人、安寧秩序が保たれた社会で平穏に暮らす日本人、多民族社会で多様な民族と一緒にいるだけで幸せを感じる日本人の姿が浮かぶ。 

« »