日本オリジナルの移民国家体系の完成を見た

坂中提案

 作家、学者、ジャーナリストなど文章を書くことをなりわいとする人は多数いる。彼らはプロの文筆家だ
 私は多くの論文、著書を公にしたが、もともとはアマチュアの執筆者だった。
 入管時代、本業に専念しながら、ひまを盗んで、本来の職務の延長線上の仕事として「外国人政策」を考えるのを常とした。

 深夜の時間帯に、『今後の出入国管理行政のあり方について』(1975年)を嚆矢とし、『在日韓国・朝鮮人政策論の展開』(1999年)、『日本の外国人政策の構想』(2001年)、『入管戦記』(2005年)など、入管政策に関係する論文を精力的に書き続けた。

 およそ政策論への挑戦は、正鵠を得る理論を立てなければ、世間から罵倒され、物笑いになる。それが的を射た理論であったかどうかは、まもなく事実によって証明される。したがって、政策を立てる人には人並み以上の構想力と強い責任感が求められる。

 どのような専攻分野であれ、政策の立案が一番むずかしいことに変わりない。だから利口な行政官や学者は政策に手を付けようとしないのだ。

 結局、日本が直面する最大の問題である人口崩壊の危機に移民革命で立ち向かうような無鉄砲きわまる日本人は坂中英徳以外に現れなかったということなのだろう。

 行政官時代は、前述のとおり外国人政策に関する著作物を次々発表した。恐れを知らぬにもほどがあるが、いつのまにか習い生となったのだろう。2005年に退官後は、自由人になりたっぷり時間があったので、一介の物書きの立場から、日本独自の移民国家の理念を打ち立てることに専念した。

 8年間、移民政策の研鑽を積み、『日本型移民国家の構想』(2009年)、『日本型移民国家の理念』(2010年)、『日本型移民国家への道』(2011年)、『人口崩壊と移民革命』(2012年)の一連の著作をやつぎばやに公刊した。老齢のプロの文筆家の誕生である。

 38年に及ぶ執筆活動が実を結び、ここに日本オリジナルの移民国家体系の完成を見た。

 しかし、ほっとした気持ちにひたっているわけにはいかない。役人時代から「有言実行」を標榜してきた私には「実行」という課題が残っている。ゴールへの道のりは前途遼遠であるが、移民革命の先導役を務める。

« »