日本は移民受難時代における移民の希望の星

坂中提案

私は現代世界を比較文明論的立場から俯瞰し、道義心と普遍性が衰えた西洋文明の終焉が近づき、世界は地殻変動の時代に入ると認識する。今後、人類の英知を結集し、新たな世界精神と世界秩序を模索する動きが出てくるだろう。その場合、非西洋文明の国の代表選手として日本が移民政策で主要な役割を果たす必要がある、と自分に言い聞かせている。

さて、欧米の移民国家の現状を見ると、米国、英国、フランス、ドイツで人種差別と移民拒否の世論が高まっている。米国のトランプ氏を筆頭に排他主義者たちが声高々に「移民ノー」と叫ぶ異常な光景が見られる。これが西洋文明の没落の始まりかと思うと心が痛む。民族間、宗教間の対立・紛争が激化し、歴史の歯車が狂ったとしかいいようがない。第三次世界大戦の勃発の危険をはらむ動きに発展しかねないと危惧する。

第二次世界大戦前のように「エスノセントリズム」(自分たちの民族が一番すぐれているという考え)が支配する世界に時代を逆戻りさせてはならない、と私は世界の指導者に訴える。日本にとってもこれは決して他人事ではない。

移民・難民問題で世界が混迷の度を深める今こそ、安倍首相が人類共同体の理想を掲げ、50年間で1000万人の移民(難民を含む)を迎え入れる、と世界の人々に約束する時だ。万人を温かく迎える日本人の寛容の心を世界に示せば、日本は移民受難時代における移民の希望の星になるであろう。
 
あるいは、21世紀初頭の日本が世界の人道危機の克服に貢献したと世界史に記述されるかもしれない。また、日本の移民国家の理念が世界各国で採用される時代が訪れるかもしれない。

日本の移民政策の泰斗が提唱する人類共同体思想をめぐって世界の知識人の間で白熱の議論が展開されることを心から願う。

« »