日本の農林水産業の再生に移民政策が不可欠

坂中提案

家族経営が中心の農業・林業・漁業は、子が親のあとを継がない後継者難が深刻化する一方だ。無為無策のままでは、農村・山村・漁村は崩壊への道をまっしぐらということにもなりかねない。

農林水産業は太古の昔から日本人が産業技術を継承・発展させてきた歴史遺産である。自然と共生しながら食料を生産し、魚介を採り、樹木を育てる。こういう第一次産業のなりわいを価値の低いもののように見るのは間違っている。

若い世代が消えて60代・70代が主力の農村・山村・漁村の自然消滅をどうすれば食い止めることができるのか。答えははっきりしている。国内で必要な人材が得られないのなら、海外に人材を求めるしかない。

それも直ちにである。産業技術を伝授する師が健在の今やらなければ手おくれになる。

私は、若手の外国人を農業高校・水産高校などで教育し、農林水産技術職の移民で受け入れる「育成型移民政策」を提案している。同時に、家族単位の経営形態を改め、移民を適正に受け入れる体制を確立する。そうすれば、インフラが整っており、高い産業技術の蓄積がある日本の農林水産業が奇跡的復活を果たすことは夢ではないと考えている。

« »