日本の移民革命は情報革命の所産

坂中提案

遅ればせながらパソコンが使えるようになり、2013年4月から現在まで、一般社団法人移民政策研究所のホ―ムぺージとフェイスブックでほぼ連日、思いつくままに移民政策論を語っている。この2年半(2013年4月から2015年10月)、ホームページとフエイスブックに日課のように短文(1000字前後)を投稿してきた。その数は1000本を超える。それは移民政策に関する国民の理解を得る上で抜群の効果があった思われる。国内のみならず日本語を理解する世界の若者にも影響が及んだ可能性がある。

フエィスブック上では、私の問題提起を受けて移民賛成派の人たちの間で建設的な移民国家議論が行われている。コンピュータのネットワークを介して移民政策研究所の坂中英徳所長の移民革命論が日本中に広まり、ネット上では「移民」「移民政策」「移民革命」「移民1000万人構想」などの言葉がまかり通っている。インターネットの世界において移民革命前夜のような雰囲気が漂っている。移民革命を実現するためにはコンピュータによる情報発信力を最大限活用する必要があることを思い知った。

一例を挙げる。2014年7月の移民政策研究所のホームページへの一日あたりのアクセス数が1万1000件にはね上がった。この驚異的な数字は若い人たちが移民政策に関心を寄せていることの現れである。さらに、2015年8月の読売新聞の「人口減社会に関する全国世論調査」によると、20代の若者の実に50%が移民の受け入れに賛成と答えている。若い世代はネットで移民問題と移民受け入れの必要性を勉強したにちがいない。

わたしは日本の若者を誇りに思う。精神の許容性の広さでは世界のトップクラスに入るのではないか。移民を温かく迎える若い世代が主導する移民国家ニッポンの将来に思いを致している。

若い人たちが先陣を切って移民受け入れの論戦が始まったのは画期的である。新しい時代の幕開けを飾るのにふさわしい。最新の情報技術を駆使して日本の歴史に新たなページを加えてほしい。「平成の20代の若者が決起して日本型移民国家を創造する快挙を成し遂げた」「日本の移民革命は情報革命の所産」と、後世の歴史家は歴史書に記述するであろう。

« »