日本の移民開国は日米関係の深化をもたらす

坂中提案

私は2014年4月、南カルフォルニア大学日本宗教・文化研究センター主催の「日本の移民政策に関するシンポジウム」において基調講演を行った。

「Japan as a Nation for Immigrants :A Proposal for a Global Community of
Humankind」のタイトルでスピーチした。私の熱い思いは世界の知識人に伝わったと思う。

主催者のダンカン・ウィリアムズ南カリフォルニア大学准教授は、「坂中さんの移民政策を世界に紹介する『小さな企画』です」といわれた。だが、私にとってそれは「人類共同体思想を世界に披露する『大きな企画』であった」と思っている。何よりも、日本語のスピーチ原稿「日本の移民国家ビジョン――人類共同体の創成に挑む」を格調高い英文にしていただいた。そのとき、すばらしい英語に訳された人類共同体思想(人種・民族・宗教の違いを超えて人類が一つになる世界をめざす理念)が世界に羽ばたき、各国の移民政策にも影響が及ぶと予感した。

さて、移民政策に関する世界の空気が一変した。移民排斥主義と人種差別主義の擡頭である。移民問題は世界が緊急に解決を迫られる世界的課題になった。私の予想よりも早く人類共同体思想が世界に貢献する時が来た。

本年1月、トランプ米大統領が7か国からの移民の入国を一時的に禁止する大統領令を発し、自由の女神は風前の灯火になり、米国を始め世界中が大荒れである。しかし、移民鎖国を国是とし、移民政策で世界に貢献していない日本に、トランプ氏の強権発動を批判する資格はない。

だからといって、日本の首相と米国の大統領が移民排斥の考えで一致していると、国際社会から受け取られる事態は避けなければならない。日本の移民政策はトランプ大統領のそれとは違うと、はっきり目に見える形で世界に示す必要がある。すなわち日本が移民の積極的受け入れで世界に貢献する必要がある。それは米国の窮地を救い、日米関係の深化をもたらすと考える。

大量の移民を最も必要とする日本が、今こそ日本独自の移民国家の理念を掲げて移民開国を宣言する時だ、と私は安倍首相の決断を迫った。近著『私家版 日本型移民国家が世界を変える』(改訂版)である。

« »