日本の移民政策は公平を鉄則とする

坂中提案

国民の圧倒的多数の支持のもとで国家戦略の一環として移民政策を展開するため、日本の移民政策は公平を鉄則とする。特定の国の人にかたよった移民の受け入れは国民の反発を買う。国際社会の理解も得られない。そればかりか国民の民族的構成をいびつな形にする。

多数の国から移民をバランスよく入れる政策をとれば、より多くの移民送り出し国との間で友好関係が築ける。多くの国から多彩な民族を受け入れることによって世界の主要民族を網羅した「理想の多民族社会」が成立する。結果として、日本国民の多民族化が進み、日本社会の多様性が増す。

以上の基本的立場に立って、人材需給のひっ迫状況、受け入れ体制の整備状況、移民の社会適応の進捗状況などを勘案のうえ年次移民受け入れ計画を立て、それに従い移民政策を実施してゆく。

移民受け入れ計画は内閣が策定し、国会の承認を得るものとする。計画の策定に当たっては、世界的な視点と公平の立場から、特定の国・地域の出身者に集中しないよう留意するとともに、国民の好感度や信頼度の高い移民の出身国に配慮し、年間の国籍別移民受け入れ枠(一国の上限は2万人)を決定する。

« »