日本の移民国家像には救国の魂がこもっている

坂中提案

人口秩序の崩壊が引き起こした平成の国難は、その対応を誤ると、日本の滅亡につながりかねない空前絶後の危機である。

私は、日本民族と日本社会の消滅の危機を、日本が移民国家へ転換する絶好の機会であるとかねて主張している。絶体絶命のピンチを日本飛躍のチャンスに変えるのだ。オ―ルジャパンで千年に一回の大革命をやろうではないか。日本史上最大の危機を移民革命で乗り切り、日本を元気な国に復活させようではないか。

このビッグチャンスをつかむのは平成生まれの若者たちだ。若い世代が先頭に立って歴史的な第一歩を踏み出し、移民国家の創建を担うのだ。

日本の移民国家像には救国の魂がこもっているにちがいない。私は、人口崩壊の脅威にさらされている祖国を救出したい一心で移民国家ビジョンを打ち立てた。これほど高邁な理想を掲げた建国論は世界にもあまり例がないのかもしれない。しかもそれは空理空論ではない。35年の外国人行政の経験に裏打ちされた現実的・実践的な移民立国論である。

しかし、志が詰まり、地に足が着いた移民国家形成論だと自負しても、国民の理解が得られたのかというと、実は全くそうではない。人口危機が次第に深まる中、国民の間から移民の受け入れに賛同する声が上がらないのだ。目だった反対論がないのは救いだが、総じて国民はこの問題に沈黙したままである。国民と移民をへだてる心の壁は厚いと痛感する。

ひとえに私の責任である。国民の誤解を解くための努力、すなわち、人口崩壊の真の恐ろしさと移民開国の必要性、国の形を移民国家に変えることによるメリットの数々などを国民に伝える努力が足りないのだろう。移民革命のリーダーとして失格である。

日本の未来永劫の存続は移民国家の建設にかかっていることについて、国民の理解が得られるよう粘り強く説得に努める。それとともに、日本の若者に夢の実現を引き継いでもらうため、移民国家の理論的基礎固めと移民法制の整備を私の責任で成し遂げたい。
10105039

« »