日本の移民国家ビジョン――人類共同体の創成に挑む

坂中提案

私は2014年4月、南カルフォルニア大学日本宗教・文化研究センター主催の「日本の移民政策に関するシンポジウム」において基調講演を行った。

「Japan as a Nation for Immigrants :A Proposal for a Global Community of Humankind」のタイトルでスピーチした。約40名の研究者が熱心に聞いておられた。多くの質問が寄せられた。人類共同体の創成に挑む私の思いは世界の知識人に伝わったと思う。

主催者のダンカン・ウィリアムズ南カリフォルニア大学准教授(日本仏教学の権威)は、「坂中さんの移民政策を世界に紹介する『小さな企画』です」といわれた。日本生まれで日本育ちのダンカンさんは謙虚な人だが、私にとってそれは「人類共同体思想を世界に披露する最高の舞台であり、『大きな企画』であった」と感謝している。何よりも、日本語のスピーチ原稿:「日本の移民国家ビジョン――人類共同体の創成に挑む」を格調高い英文にしていただいた。

そのとき、すばらしい英語に訳された人類共同体思想=「人種・民族・宗教の違いを超えて人類が一つになる移民国家の理念」が世界に羽ばたき、世界の移民政策にも影響が及ぶと予感した。

ところが2016年を境に、移民政策に関する世界の空気が一変した。トランプ米大統領を筆頭に欧米諸国で移民排斥を主張する勢力が台頭した。移民問題は世界が緊急に解決を迫られる人類的課題になった。いまこそ日本が人類共同体の理念を掲げて世界に打って出る時であると私は直観した。

そして2017年1月、トランプ米大統領が7か国からの移民の入国を一時的に禁止する大統領令を発し、移民国家を象徴する自由の女神は風前の灯となり、米国を始め世界中が大揺れである。しかし、移民鎖国を国是とし、移民政策で何ら世界に貢献していない日本が、トランプ大統領の強権発動を批判すれば世界の物笑いの種になる。

だからといって、日本の首相と米国の大統領が移民排斥の考えで一致していると、国際社会から受け取られることは絶対に避けなければならない。人口崩壊の危機にある日本は世界で最も移民を必要とする国であるからだ。日本の考える移民政策はトランプ大統領のそれとはまったく異なることを世界に示す必要がある。すなわち日本は直ちに移民鎖国を解き、理にかなった移民政策で世界に貢献すると国際社会に約束すべきである。

さて、さすがに近年はそういうことはなくなったが、10年ほど前までは、西洋の知識人から、「50年間で1000万人の移民を受け入れる能力が今の日本社会にあるのか。移民の受け入れも外国人との共生もほとんど体験したことがないのだから、それだけの度量の大きさを日本人に期待できるのか」という質問を受けた。

そのような質問に対して日本文明の持つ底力を前面に出し、日本には1000万人の移民を受け入れるための基盤も環境も精神風土も備わっていると答えた。

特に、日本社会には「人の和」と「寛容の心」を重んじる伝統があること、多神教の日本人には多様な価値観や存在を受け入れる「寛容」の遺伝子が脈々と受け継がれていることを強調した。

しかし、ここにきて、坂中移民国家構想をめぐる状況は、10年前とはすっかり様変わりした。最近の私は、米国、フランスなどで見られる移民排斥と反イスラムの動きに対する反撃を開始し、日本の寛容な知的風土の産物である人類共同体思想で理論武装し、移民開国の決断を政府に迫っている。また、日本の移民政策の理論レベルは欧米諸国のそれよりも高いと認識している。

 

« »