日本の歴史が動く

坂中提案

およそ日本の未来を左右する国家政策の提言は、大局的・長期的な観点から、しっかり腰を据え、説得力のある理論を構築しなければならない。それが国家・国民に利するものであったかどうかは歴史が証明する。将来世代から結果責任が問われる。そのことを知る利口な政治家や知識人は、触らぬ神にたたりなしを決め込み、移民国家の立国のような民族感情がからみ、複雑微妙でややこしい問題には手をつけようとしないのだ。

つまるところ、ミスターイミグレーションの名前が世界にとどろく移民政策研究所長に日本の危機を救う仕事が託された。

法務省入国管理局の行政官時代、『今後の出入国管理行政のあり方について』(1975年)、『在日韓国・朝鮮人政策論の展開』(1999年)、『日本の外国人政策の構想』(2001年)、『入管戦記』(2005年)など、国のあり方を根本的に問う著作を出版した。特に、役人生活の晩年の地方入国管理局長時代には、移民国家の理想形を打ち立てるための理論構築に励んだ。

2005年に法務省を退職後は、移民政策研究所にたてこもり、世界のどの国にも負けない移民国家の理念を立てる目標を掲げ、移民政策の理論的研究に打ち込んだ。

2018年4月現在、ここ一番の勝負に打って出るタイミングで、世界の移民国家をリードする日本型移民国家の設計図の完成を見た。最新作『日本型移民国家の世界的展開』(移民政策研究所刊)の出版をもって移民政策研究所所長の研究三昧の時代は終わった。満を持して、移民賛成に傾く世論の順風に乗って、これから政治の心臓部を動かす仕事に渾身の力を傾ける。

数々の政策提言はすべて正論であったと胸を張って前に進む。頭の固い政治家といえども道理にかなった見解には反対できないから、私はやすらかな気持ちで天の時を待つ。

内外の情勢が激動の時代に入り、日本の歴史を動かす時がきたと直観する。日本型移民国家の道をつくった先駆者として、新しい国づくりに参加する国民を牽引する責任の重さが胸に迫る。その一方で、移民政策の専門家として、移民法制の整備など一人では背負いきれないミッションを完遂できるか。各方面からの批判に対して初志を貫けるか。艱難辛苦に耐える気力がまだ残っているか。心配の種がつきることはない。

日本の生死がかかる大役を背負っているというのに、これから何をなすべきか、どう生きるべきかについて、自問自答する毎日である。

そもそも歴史的な仕事をする人間の器でないことは百も承知である。英傑でも権力者でもない。民間の小さな研究所の所長である。移民政策学が専門の研究の徒にすぎない。

年をとって穏やかな人柄になった。往年の反骨の官僚の面影はない。移民政策を推し進める権限も難関を突破する力もない。官僚時代とは打って変わって無力の境遇に甘んじる人間が国民の期待にこたえられるのだろうか。移民政策に消極的な政治家の心を変えられるのだろうか。この数年、以上のようなことを考えては一人で悩んでいる。

心のうちを語るのは気が引けるが、移民国家の産みの親としてはずかしくない人間になりたい。私の理想とする人物像は修羅の妄執を超越した達観の士である。

それは宮本武蔵のような剣の達人が晩年に達した心境である。剣を抜いて闘うことをやめ、ただそこにいるだけで風格が漂う人だ。これを要するに、移民国家の創始者にふさわしい人間になること、移民政策研究の権威と認められること、世界で通用する移民国家日本の顔になることだと私なりに理解する。

そういう人物として認められるよう人間を磨き、移民政策研究所の所長で最期を迎えれば、死後にその望みがかなうかもしれない。私が晩年を過ごした「一般社団法人移民政策研究所」の業績は永遠に語り継がれるだろう。

私は1975年の坂中論文以来、自分の立てた政策目標に追い立てられる数奇な運命をたどった。高邁な理想を掲げたので、政策実現への航海は難航をきわめた。最近、16年ぶりに会った朝日新聞OBのジャーナリストから、「坂中さんは余りにも先を読んだ移民政策を立てられた。近く坂中時代が来ます。それに備えて健康に留意してください」という温かい言葉をいただいた。

命を大切にするが、命に執着しない。心の休まるひまがない人生を猛スピードで走り抜けてきた。日本の移民政策のキーパーソンとしてやるべきことはすべてやった。移民鎖国の厚い壁をこじ開けるため、強靭な精神力が要求される執筆活動に持てる力の全部を注いだ。四面楚歌の状況が続く中、犠牲的精神で目標に向かって進む身の処し方が限界に達する日は近いと感じる。しかし、計画性のない無謀な生き方も自分が選んだ道である。この年になると自分の処世術を変えることは難しいから自然の成り行きにまかせるしかあるまい。

30の時に移民政策の立案という一生をかけるテーマを見つけた。以後、国家の基本政策に関する提言を切れ目なく打ち出したが、72になって新しいアイディアが浮かばなくなった。創造力の源泉が尽きたのだろう。頭が鈍った老人が国家・国民に迷惑をかけてはならないと肝に銘ずる。引き際を考える時期がきたように思う。

移民国家ニッポンのすばらしい未来は、地球市民としての教養とセンスがある若い世代が創り出してくれるだろう。世界に羽ばたく若い人たちの前に立ちふさがる存在になってはならないと自分に言い聞かせる。

私の夢をひとつ言わせてもらえば、人生の最期のひとときは目標から解放されたい。ライフワークの成否にこだわらない。やり残したことへの未練もない。そんな無為の人として自然のもとに還りたい。もし許されれば、見果てぬ夢についてあれこれ空想したりしてひなたぼっこする隠居生活を味わってみたい。

 

« »