1. TOP
  2. 政策提言
  3. 日本の文化パワーは移民政策の推進力

日本の文化パワーは移民政策の推進力

日本の伝統文化は日本に永住する移民にとっても身近な存在であり、魅力的なものである。今や日本文化は「日本人がひとりじめするもの」ではない。「世界の人びとのもの」である。たとえば、アニメ、華道、茶道は世界の多くの人々が共感する普遍的文化である。それは何を意味するのか。日本の文化パワーは移民立国の推進力になるということだ。

モンゴルの横綱もいい。青い目の芸者もいい。アジアの美女がそろう宝塚歌劇もいい。世界の若者が博多祇園山笠でみこしを担ぐのもいい。色とりどりの民族衣装に身を包んだ若者が阿波踊りで踊り狂うのもいい。永住外国人が四国巡礼の旅に出るのもいい。青い目の留学生が永平寺で禅の修行を積むのもいい。剣道にのめりこむ西洋人もいい。

多彩な顔の面々がみこし担いだり、踊ったり、日本酒を飲み交わしたりして、異なる民族の心がとけ合って一つになる至福の境地にひたっている光景を想像すると胸が躍る。そのとき一瞬であるが、地球市民たちの心に人類同胞意識が顔を出しているのではないか。

世界の若者が感動する祭り・歌舞伎などの文化財や里山・棚田などの自然景観は全国いたるところにある。世界の人たちを日本に引き寄せる文化遺産や自然遺産を発掘し、世界に発信しよう。その役を日本に永住する外国人に任せてはどうか。外国人の視点から、日本各地の文化資源を発見し、世界に広めてくれるだろう。

外国人観光客の増加と移民政策を支持する国民の増加とは密接不可分の関係にある。外国人観光客が増えれば、日本人と外国人が親しく接する機会が増え、国民の間に日本に永住する外国人を歓迎する空気が醸成される。同時に、外国人観光客の中から、穏やかな人柄の日本人、やさしい心がある日本人に好意を抱き、日本永住を希望する人が増加する。