1. TOP
  2. 政策提言
  3. 日本には外国人をひきつける魔力がある

日本には外国人をひきつける魔力がある

外国人行政を担当する国家公務員として、退職後は移民政策研究所の所長として、在日コリアンをはじめ様々な国籍の永住外国人と親しく懇談した経験から、日本という小宇宙には外国人を日本に引き寄せ、外国人を日本と一体化させる不思議な力があると感じている。  
いったい全体どのようにして日本という国は外国人をひきつける魔力を身につけたのだろうか。以下は私が長年温めてきた仮説である。

1万5000年間も平穏な生活が続いたという縄文時代に育まれた「自然との融和の精神」が、現代の日本人の心の奥底にも刻まれている。また、日本人の心の中には原始以来の八百万の神々が鎮座している。それは、多様な価値観や存在を受け入れる「寛容の遺伝子」でもあるかのように、脈々と受け継がれてきた。そして長い年月を経て永住外国人が日本社会に自然にとけこむ同化力の強い社会が形成されたのではないか。

いかにして日本社会は外国人を同化させるふしぎなパワーを身につけたのか。私が在日朝鮮人問題と取り組んだ経験から言うと、日本語には在日外国人を日本文化のとりこにする魔力があるからだと考えている。すなわち、当初は強い反日感情を抱いていた在日コリアンも、時間の経過とともにも自然と日本社会に同化していった。とくに、母音優位の日本語の言語環境の下で育った在日コリアンの二世・三世はほぼ完全に日本社会に溶け込んだ。

近年、さまざまな国籍の永住外国人と日本の移民政策について意見交換をしている。彼らは口をそろえて言う。「寛容の心がある日本人は移民を上手に受け入れる」「日本人と移民が協力すれば世界初の人類共同体社会を創造できる」。そのうえで、日本人の和の心がつまった移民政策に対する熱烈な支持を語る。日本に永住する外国人の世界で日本の移民開国待望論が高まっていると感じる。

世界の諸民族と比較して日本人は尊大な民族でも高圧的な民族でもないと認識する。日本の古代史を概観すると、縄文・弥生の時代から、先住民族と新参の移住者とが共生関係を築いていたようである。原住民と渡来人とが激しく戦ってどちらか一方が皆殺しの目にあうことはほとんどなかったのではないか。縄文人や弥生人の子孫など各民族の末裔たちが現に日本に相当数存在する事実がそれを正直に物語る。

英国は何度も異民族に征服された恐怖体験があるので、イギリス人の外国人に対する見方はどこか冷たいところがあると感じられる。一方で、大英帝国の子孫であるから異なる民族間の戦争をけしかけて漁夫の利を得るなど異民族支配に長けた面が見られる。

漢民族は万里の長城を築いて異民族の侵入を防ぐ一方で、中華の意識に基づき異なる民族を見下す態度をとり続けてきた。現代の中国人は中華思想にこりかたまったエスノセントリズムの世界チャンピオンである。また、中国共産党政権は朝鮮族やチベット仏教徒を根絶やしにする少数民族対策を強引な手法で進めている。

そのような両民族と異なり、日本人は「異なる民族」を暖かい眼差しで受け入れてきた。大昔から日本人は、異国から海を渡ってきた異人を客人(まろうど)として迎えている。江戸時代の鎖国下にあっても流れ着いた異国船の船員を人道的に扱っている。

また、日本人は「中華思想」や「選民思想」とは無縁である。尊大な態度が目立つアメリカ人、ロシア人、中国人とは真逆で、世界の主要民族の中で日本人は謙虚な民族の部類に入るのではないか。

人類史を振り返ると、民族や宗教の相違が引き起こした戦争の連続であった。しかし、日本列島が戦場と化した歴史に限れば、日本人は異なる民族との戦争も外国部隊による占領も、先の世界大戦以外に経験していない。島国という地理的条件も有利に働いて、純真な心で異国の民と向き合う日本人の民族性が形成されたのではないか。

私たち日本人は、外国の文化も宗教も広い心で受け入れ、それを日本風にアレンジし、自分たちのものにしてきた。移民についてもいたわりの心で温かく迎え入れ、移民と良好な関係を築くと確信している。